お知らせ

1月28日 |  全般

ご利用のポイント

・WORD Plannerの仕組みを理解頂き、利用シーンに
合わせて、柔軟にご利用ください。

WORD Plannerに、これから精読が必要な文章を登録する事で、重要な単語、憶えていない単語を、頻度順、登場順等で自動的に抽出し、効率よく単語の学習をすることができます。単語を調べる時間が大幅に削減でき、文章の精読に集中し易くなります。

・読む必要がある。読みたいコンテンツを登録することが大
切です。継続的な学習で語彙力も高まります。

WORD Planner の学習では、英語を学習する目的に応じて、読む必要がある、読みたい、コンテンツを選択することから始まります。自分の覚えたい語彙や英語の利用シーンを想定して、コンテンツを登録、継続的に学習(利用)することが理想と言えます。単語の接触回数が多いほど、記憶は高まり、語彙力も安定すると言われています。

・利用するコンテンツ毎の単語の認知率*を意識下さい。

英語の理解には、認知率*が95%以上**必要と言われています。単語を覚えるほど意味を予測することも減り、文章の理解が楽になります。また、精読の途中で意味を調べると、理解の流れを遮断してしまうことに繋がります。WORD Plannerはコンテンツを登録すると、よく出る単語から効率よく学習できます。学習終了の処理毎に、更新された認知率も確認できますので、精読等に必要な認知率に達しているかを、確認しながら学習を進める事ができます。
*認知率 コンテンツに占める、知っている単語の割合
**引用 Laufer 1989

・語彙力を強化するジャンルを意識して下さい。

日本人の英語の語彙数は、大学入試時で約4.000語、英語上級者で約7.000語、ネィティブは20.000語以上と言われます。一般的な日本人は、英文を読む為の語彙力は不足します。WORD Plannerで、自分の目的に沿ったコンテンツを優先的に登録・学習することで、自分に必要な語彙力の形成が可能です。