機能(Word Plannerでできること)

4つのステップで楽しみながら英単語の学習ができます。

  • Myコンテンツ登録

    目標・目的にそって⾃分の⾒たいコンテンツを集めて、ワードプランナーに登録する機能です。

    詳しく⾒る

  • 学習コンテンツ選定

    コンテンツの⼀覧表示から、⾃分が学習するコンテンツを選定選択することができます。

    詳しく⾒る

  • コンテンツ単語スタディ

    ⾃分で選んだコンテンツででてくる英単語を、頻度順、出現順などで選定選択することができます。

    詳しく⾒る

  • 総単語スタディ

    これまで学習したすべての英単語に対して学習可能。学習履歴では単語力の向上を確認できます。

    詳しく⾒る

Myコンテンツ登録

目標・目的にそって自分の見たいコンテンツを集めて、ワードプランナーに登録する機能です。

コピー&ペーストから登録できます。テキストのスペースにテキストデータをペーストします。コンテンツURL(任意)、タイトル(必須)、ジャンル(必須)、タグ/著作国(任意)を登録下さい。

テキスト、PDFファイルから登録できます。ファイル選択をクリックし、登録するファイルを選択、テキストデータを入力します(開きます)。コンテンツURL(任意)、タイトル(必須)、ジャンル(必須)、タグ/著作国(任意)を登録下さい。

WEB URLから登録

WEB URLから登録できます。登録するURLをページごとに入力します。複数ページを登録する場合、追加ボタンをクリックし、ページごとの登録を繰り返します。コンテンツURL(任意)、タイトル(必須)、ジャンル(必須)、タグ/著作国(任意)を登録下さい。

コンテンツ選定

       

自分で登録したMyコンテンツとワードプランナー側で設定するWPコンテンツから学習ボタンをクリックすることで、学習するコンテンツを選択する機能です。登録したコンテンツのセンテンスも確認出来ます。

コンテンツ確認より、コンテンツ名、ジャンル等を確認            

抽出・分析した新規登録のコンテンツを、登録確認のボタンをクリックすることで、コンテンツの一覧に取り込みます。一覧より、コンテンツ名、ジャンル等のコンテンツ情報を確認できます。更にコンテンツ名をクリックする事で、登録したコンテンツURL、著作国等のタグ情報が確認出来ます。

コンテンツ毎の単語の基本認知率と認知率を確認

コンテンツ毎の単語の基本認知率と認知率を確認できます。 基本認知率は、基本単語(文部科学省より中学学習単語として、指定されていた単語)のコンテンツに占める単語割合を示しています。認知率は自分の覚えた単語(認知を○に登録した単語)のコンテンツに占める単語割合を示しています。引用 文部科学省旧中学校学習指導要綱(外国語)

学習するコンテンツを選定

学習するコンテンツを選定できます。

Sボタンをクリックする事で、登録したコンテンツのセンテンスの確認ができます。

Sボタンをクリックする事で、登録したコンテンツのセンテンスの確認ができます。

スタディ

自分で選んだコンテンツに出てくる英単語を頻度順、登場順で学習する機能です。

頻度順や出現順に学習単語を表示

頻度順や登場順に学習単語を表示、検索で既に覚えた単語や品詞での絞り込みもできます。 *登場順、頻度、単語(アルファベット順)、認知回数、未認知回数の表示をクリックする事で、学習単語の並び変えが出来ます。
*基本単語や既に認知済み(覚えた○)となった単語は、次回学習単語として表示しません。
*学習の続きは、原則として前回学習の終了時点からとなります。
*上部のTOPボタンで学習単語の先頭に戻ります。

単語の意味(辞書ボタンで詳細)や音声(アメリカ発音・イギリス発音)を確認

単語の意味(辞書ボタンで詳細)や音声(アメリカ発音・イギリス発音)を確認できます。辞書『三省堂 コンサイスEX』 Google APIによる自動翻訳を利用しています。

Sボタンをクリックすることで、センテンスの中で使われている学習単語が太文字で表示されます

Sボタンをクリックすることで、センテンスの中で使われている学習単語が太文字で表示されます。

知っている単語を×から〇、認知済み単語に変更。

知っている単語を×から〇、認知済み単語に変更できます。*確定/学習ボタンをクリックする事(表示される画面は全ての単語を学習する事が前提となります。)で、単語毎の認知回数(覚えた回数)、未認知回(覚えるまでにかかった回数)が正確に更新されます。

一括認知済み

画面単位で、未認知単語(×)を一括して認知単語(○)にします。解らない単語だけを未認知(×)登録を行います。ほとんどの単語を知っているコンテンツで利用します。例:高校学習単語集(WPコンテンツ)を選択、スタディ画面の左上の学習単語を100件に設定、右上の一括認知済みボタンをクリックし、解らない単語だけを未認知(×)登録する。

学習継続は次ページに、確定ボタンで学習終了、認知率も更新。

学習継続は次ページに、確定ボタンで学習終了、認知率も更新します。スタディ画面の下部にコンテンツ認知状況として、認知済単語数(学習者)、単語数(コンテンツに使われている単語数) 基本認知率(中学基礎単語の割合) 認知率(自分の知っている単語の割合)が学習終了後リアルタイムで表示されます。

総単語スタディ・学習履歴

総単語スタディは、これまで学習したすべての英単語に対して学習できる機能です。学習履歴では認知率の経過も確認できます。

認知単語(覚えた単語)、未認知単語(覚えていない単語)、基本単語を抽出

認知単語(覚えた単語)、未認知単語(覚えていない単語)、基本単語を抽出できます。

単語の語彙、音声を学習、認知状態の変更も

単語の意味、音声を学習、認知状態の変更もできます。

いつでも、共通メニュー(最上部)から総単語スタディ・学習履歴の単語登録が可能

いつでも、共通メニュー(最上部)から学習の為の英単語登録が可能です。

共通メニューや総単語スタディ・学習履歴画面から認知率も確認

共通メニュー(最上部)や総単語スタディの画面(最下部)から総認知率*も確認できます。*総認知率 → 全学習単語に対する認知済(知っている単語)の利用されている割合

学習履歴では総認知率の経過も確認

コンテンツ毎の学習履歴による認知率(覚えている単語の比率)の向上も確認できます。